「歯が全くない人」は、「歯が20本以上ある人」よりも、抑うつ状態になるリスクが高い。

character_coating

日本テレビ系(NNN) 1/10(火) 15:59配信
Yahooニュースより抜粋↓

高齢者で歯が全くない人は、
歯が20本以上ある人に比べて
抑うつになるリスクが1.28倍と
高くなることが、神奈川歯科大学
などの研究でわかった。

この研究は、65歳以上の
約1万4000人を対象に歯や口の
健康と精神的な健康の関係
を調べたもの。

その結果、
「半年前に比べて固いものが
食べにくくなったと感じている人」は
「そうでない人」に比べて、

気分が落ち込むなど抑うつの状態に
なるリスクが1.24倍高いことがわかったという。

また、「歯が全くない人」は、「歯が20本
以上ある人」に比べて1.28倍、抑うつ
状態になるリスクが高いという。

山本龍生教授は「高齢者にとって食事は
大きな楽しみであり、友人らとの食事は
社会参加という意味でも重要で、歯の
健康を保つことが精神的な健康につながる」

と話している。

___________________
「抑うつ」は、「ゆううつ」や「悲しい」、
「希望がない」「落ち込む」、「不安感」
のような気分・状態のことです。

この抑うつ状態は、程度の差はあれ、
誰にでもあります。
一日中、毎日続くようになってしまうと、
心の風邪(病)になってしまいます。
歯の状態が、心にも影響するって
普通の方は知らないでしょうし、
思いつきもしないかもしれませんね。

 

1万4千人という大規模な調査ですし、
関連性は高いと私も考えます。

 

食べものをよく噛むことで、顔周りの筋肉
のトレーニングになり、血流もアップして、
脳の働きも良くなります。
また、よく噛むほど唾液が多く分泌され、
内臓での消化の負担が減ります。
実は、お腹の働きを助ける役割も
あるんです。

 

「顔ヨガ」は、最近流行ってますが、
あれも結局は、普段使わない表情筋を
たくさん使って血流をよくしています。
強い筋肉が作られ、筋肉が強いということは、
引き締める強さも強いので、小顔効果が
あり、お肌にも良いということです。
丈夫な歯、よく噛むこと、一生
一緒に意識していきましょう!(^_-)-☆

 

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

山路洋平

========================

【福岡市南区大橋・博多】症状改善・予防なら「ゆるやか整体院」

肩こり・腰痛・頭痛・産後の骨盤矯正・慢性疲労
姿勢改善・手足のしびれ・自律神経失調症、
などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原4-5ー46
西鉄大橋駅から徒歩5分、JR竹下駅から徒歩10分

当院の地図はこちらです。

車でお越しの際は、コインパーキングのご利用を
お願いいたします。(コインパーキングの場所はこちら)

電話番号  092-555-5588

『ブログを見て…』とお電話ください。

受付時間
平日   9:00~21:00
土日祝  9:00~18:00

定休日  月曜日・火曜日

<キッズスペースあり・ベビーカー可>
⇒写真はこちらのページをご覧ください。

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。
ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ