よくある質問:「首を鳴らすのは、体にいいですか?」

骨

「首を鳴らすのは、体にいいですか?」

と、患者様からよくご質問を頂きます。

首を動かして、ポキポキと鳴らすのが
くせになっている方も多いようです。

結論から言えば、

「できるだけ、首ポキはしない方がよい。」

になります。

ポキッという音は、キャビテーション現象
と言って、関節を速く動かしたときに
『液体が空気になってハジケタ音』です。

昔は、骨のこすれる音、骨がずれた、
あるいは、元に戻った音と言われたそうです。

関節の中には、滑液と言う
液体が入っています。

膝の関節の図↓

ee

 

 

 

 

 

 


1.軟骨 2.関節包 3.関節腔(くう) 4.滑液

滑液があるからこそ、私たちの肩や首、
腰あらゆるところを、スムーズに動かせます。

もし滑液がなかったら、ロボットのような
ギクシャクした動きだったかもしれません。

首という狭いところを、全身につながる神経や、
血管の束が通っています。

ですので、首をポキポキ鳴らすと、
筋肉や靭帯、血管などの組織を
損傷してしまうのではないか?

と言われています。

はっきりとした研究などはないですが、
鳴らさない方が健康につながると
感じています。

首をポキポキする方の多くは、
肩こりがひどい場合が多いです。

私も、肩がこっていないときは、
鳴らしたいという気持ちも湧いてきません。

おそらく、筋肉の異常緊張によって、
関節が固まってしまい、血流が悪くなり、
血流を改善するために、反射的に体を
動かそうとするものではないかと思います。

動かすことで、液体が気泡になって
はじけると、そこに空間が生まれます。

その空間を埋めるため、血液から
必要な成分が集まってきて、滑液は
数分後に補充されます。

ある研究では、指の同一関節を1日10回、
一ヵ月以上鳴らし続けることで、関節が
伸びて、太くなることがわかっているそうです。

ストレッチなどでゆっくり動かして鳴って
しまうのは仕方ないですが、勢いよく
首を回すのはやめましょう。

首も、その他の体の関節も、鳴らさない。
鳴らし過ぎないことが大切です。

いつもお読みいただきまして、
ありがとうございます。

山路洋平

========================

【福岡市南区大橋・博多】症状改善・予防なら「ゆるやか整体院」

肩こり・腰痛・頭痛・産後の骨盤矯正・慢性疲労
姿勢改善・手足のしびれ・自律神経失調症、
などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原4-5ー46
西鉄大橋駅から徒歩5分、JR竹下駅から徒歩10分

当院の地図はこちらです。

車でお越しの際は、コインパーキングのご利用を
お願いいたします。(コインパーキングの場所はこちら)

電話番号  092-555-5588

『ブログを見て…』とお電話ください。

受付時間
水木金土  9:00~21:30
日祝  9:00~19:30

定休日  月曜日・火曜日

<キッズスペースあり・ベビーカー可>
⇒写真はこちらのページをご覧ください。

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。
ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ