嫌われる勇気~自己啓発の源流「アドラー」の教え~読んでみました。

15974990_1086302654829754_5096953759670725566_o

今テレビドラマにもなっている
「嫌われる勇気」を読みました。

この本は、2015年にビジネス書ランキングで
1位になった本で、気になっていました。
ふと、愛媛の整体の先輩が読んでほしいと
私に言っていたのを思い出して、買って
みました。2年もかかってしまいました!

哲学者(哲人)が、アルフレッド・アドラーの
アドラー心理学を、若者(青年)との会話を
通して伝えていく、という内容です。

とてもシンプルで読みやすく、青年の
悩みや、例えを用いての説明がとても
わかりやすいです。

青年のように、その考え方を理解できない、
受け入れられない部分も人によっては
あるかと思います。

例えば、
・トラウマは存在しない
・人は怒りを捏造する
・人は常に「変わらない」という決心をしている
・ここに存在しているだけで、価値がある

などです。
言葉の意味そのままを捉えると、
否定したくなるような考えもあります。

ですが、きちんと、なぜそう考えるのか、
を解説してくれているので、私自身は
非常に腑に落ちる内容が多かったです。

頭でわかっても、実践するのは簡単
ではないこともありますが。

私が、特に気に入った考え方の一つを
紹介します。

それは、「課題の分離」です。
アドラー心理学では、すべての悩みは
「対人関係の悩み」だとしています。

あらゆる対人関係のトラブルは、
他者の課題に土足で踏み込むこと。
自分の課題に土足で踏み込まれること。

例えば、子どもが勉強するのかしないのか。
これは、「子どもの課題」であって、
親の課題ではありません。

それなのに親が、「勉強しなさい」と
命じるのは、子どもの課題に対して
土足で踏み込むような行為。

これではトラブルになるだけなので、
「これは誰の課題なのか?」
という視点から、自分の課題と相手の
課題を分離します。

そして、『他者の課題には踏み込まない。』

そうは言っても、放任主義ではなく、
子どもが何をしているか把握したうえで、
見守ること。勉強は子どもの課題であると
伝え、もしも本人が勉強したいときには、
いつでも援助できることを伝えておきます。

カウンセリングも同じで、相談者が
どんな決心をするか、生活を変えるか
変えないのかは相談者の課題であり、
カウンセラーは介入できません。

整体師も全く同じです。

通院者様の悪い姿勢を指摘しても、
どんなストレッチをお伝えしても、
するかしないかは通院者様の課題なんです。

もちろん、きちんと正しく伝わるように、
忘れないように何度もお伝えするのが、
私の仕事だと思っています。

課題の分離は、対人関係の入り口で、
対人関係の悩みを一気に解消できる
可能性を持っています。

そして、対人関係のゴールとして、
『共同体感覚』というものがあります。

私は、この『課題の分離』から、
『共同体感覚』という話の部分が
すごく好きで何度も読みたくなりました。

この考えを取り入れると、『自由』、
『仲間意識』、『平和』というものが
見えてくるからです。

まだ読んでいない方のために紹介
はここまでにしたいと思います。

普段本を読まない方にもぜひ
読んでいただきたい一冊です。(*´▽`*)

いつもお読みいただきまして
ありがとうございます。

山路洋平

 

嫌われる勇気 フジテレビサイト

アマゾン レビューあり

 

 無料セッション募集中
エモーションフリー「感情解放セラピー」

========================

【福岡市南区大橋・博多】肩こり・首こりなら「ゆるやか整体院」

肩こり・腰痛・頭痛・産後の骨盤矯正・慢性疲労
姿勢改善・手足のしびれ・自律神経失調症、
などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原4-5ー46
西鉄大橋駅から徒歩5分、JR竹下駅から徒歩10分

当院の地図はこちらです。

車でお越しの際は、コインパーキングのご利用を
お願いいたします。(コインパーキングの場所はこちら)

電話番号  092-555-5588

『ブログを見て…』とお電話ください。

受付時間
水木金土  9:00~21:30
日祝  9:00~19:30

定休日  月曜日・火曜日

<キッズスペースあり・ベビーカー可>
⇒写真はこちらのページをご覧ください。

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。
ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ