研究「アルコールがDNAを損傷し、がんリスクを高める」

992794

お酒を愛する方には、
よりショッキングなニュースが
ありました。(^^;

英ケンブリッジ大学の研究チームが、
科学誌「ネイチャー」に発表しました。

 

「アルコールがDNAを損傷し、がんリスクを高める。」

今までも、アルコールががんに関係
していると言われてきましたが、

その科学的メカニズムは
解明されていませんでした。

今回、マウスの実験で、生きている
臓器の変化を調べました。

エタノールが、造血幹細胞のDNA二重鎖を
切断し、DNA配列が元に戻らない状態に
壊されてしまったそうです。

 

「安全な飲酒量などない。」

・少量の飲酒は体に良い。
・お酒は百薬の長

という言葉もありますが、
安全な飲酒量などないと、この
研究では断言されています。

英国のがん研究所は、アルコールと
関係が深いがんの種類として、

食道がん、口腔がん、咽頭がん、
肝臓がん、大腸がん、乳がん、

を挙げています。

そのリスクは、ワインやビールなど、
アルコールの種類とは無関係としています。

 

いかがでしたでしょうか?

重たい気持ちになってしまった方も
いるかもしれませんが、

事実は事実として理解を
しておくことが大事です。(*^^*)

 

全ての方ががんになるわけでなく、
「可能性が高まるのは確実である。」
というお話です。

毎日飲酒されている方は、
肝臓を休ませる休肝日を作ったり、

万一に備えてのがん保険など、

心構えと何かしらの予防・準備
ができると思います。

 

ちなみに、厚生労働省は、節度ある適度な
飲酒を、1日平均純アルコールで20グラム
程度としています。

 

とは言え、自分自身のお体ですので、
自分で考えて判断すればよいですね。

 

そして、せっかくお酒を飲むときは、
罪悪感や不健康なことは忘れて、

美味しいお酒に感謝して
心から楽しみましょう~!笑

 

山路洋平

 

★来院者様のご感想はこちら↓

スクリーンショット 2017-10-26 19.25.13========================

大橋の体質改善専門の整体「ゆるやか整体院」

肩こり・腰痛・頭痛・産後の骨盤矯正・慢性疲労
姿勢改善・手足のしびれ・自律神経失調症、
などでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原4-5ー46
西鉄大橋駅から徒歩5分、JR竹下駅から徒歩10分

当院の地図はこちらです。

車でお越しの際は、コインパーキングのご利用を
お願いいたします。(コインパーキングの場所はこちら)

電話番号  092-555-5588

『ブログを見て…』とお電話ください。
施術等で出られないときは、
折り返しお電話いたします。

受付時間
平日・土  9:00~21:30
日祝  9:00~19:30

定休日  不定休

<キッズスペースあり・ベビーカー可>
⇒写真はこちらのページをご覧ください。

お問い合わせフォームは年中無休、24時間受付中です。
ご質問・ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ