オスグット病(成長痛)・ジャンパー膝

a0001_009700

あなたは、オスグット病やジャンパー膝と
診断を受けて、どうしたらいいのかお困りでしょうか?

もしくは、お子さんが膝の痛みで悩んでいて、なんとか
してあげたい…、そのようにお考えでしょうか?

実は私は、両足ともオスグット病を経験しました。

小学5年生の頃です。サッカーチームに入っていました。

脛骨(膝の下の骨)を押す治療(手術)もしました。

痛みは和らぎましたが完全には取れきれず、負担をかけると
痛くなるので、いつもサポーターをつけていました。

膝の痛みや、力が抜けてしまうことがあって、
思い通りにプレーができず悔しい思いをしました。

中学まででサッカーはやめてしまいました。

もし当時、整体に通っていたなら…と思うこともあります。

「好きな運動を続けたい。」、「のびのびとプレーしたい。」、

そのような方を少しでもサポートをしたいと思い、
このページを立ち上げました。

 

【 オスグット病とジャンパー膝 】

どちらも呼び名が違うだけで同じものですので、
『オスグット』として、まとめて解説していきます。

オスグットは、サッカーやバスケットボールなどの
スポーツをする思春期(小学生~高校生)に
多い症状です。

膝の下(脛骨粗面・けいこつそめん)に痛みを感じます。

成長痛は、運動する・しないに関係なく時間が経つと治りますが、
痛みが長引く場合は、オスグットのことが多いようです。

病院では、湿布やサポーターの処方、
安静第一を勧めることが多いです。

運動を中断しているときは、調子が良くても、
運動をすると痛みが出てしまうことが多いようです。

痛みを我慢しながら運動を続けていると、
安静時や歩行にも痛みが出てきます。

無理をしないことがとても大切です。

好きな運動ができない。
いつからまた運動を再開できるのかわからない。

というのは、とてもつらいことですよね。

 

【 オスグットの原因 】

キャプチャ+2

ジャンプや屈伸など、運動時の衝撃が
膝への負担になります。

思春期の筋肉は成長段階で、特に太ももの筋肉(大腿四頭筋)は、柔軟性が低下し、固くなりやすいです。

適度な運動では起こらず、使い過ぎによって起こります。

無理をしすぎると、脛骨の表面がはがれ、
取れた骨が浮いてしまうこともあります。(遊離骨片)

完全にスポーツを中止して休養をとれば、
日常生活で支障はありません。

ですが、スポーツをしたい場合がほとんどだと思いますので、
少しでも痛みを緩和して、体をうまくコントロールしていく
アドバイスをさせていただきます。

 

【 当院のオスグットの施術 】

オスグットの原因は、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の
柔軟性の低下です。

固まった太ももをゆるめ、柔軟性を高めていきます。

膝への負担を少なくするには、体全体の柔軟性や、
地面からの衝撃を減らすことが重要になります。

普段の立ち方や歩き方、姿勢、運動中の体の使い方もお伺いします。

ストレッチなど、自宅でのケアの仕方をお伝えしますので、
実践していただくと、痛みが楽になりやすいです。

テーピングやサポーターなどの使用につきましては、
ご相談に乗れますが、販売はしておりません。

未成年者のご来院は、親御さまの同伴をお願いしております。
施術の説明や方針の同意を頂いてから施術を行います。

 

「 お気軽にご連絡ください。 」

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

 

このページの先頭へ