足のつけ根・股関節・おしりの痛み

PPU_shibahutokage500

今まで私は、のべ3000人以上の様々な不調をかかえる方々と
向かい合ってきました。

「この痛みってなんの痛みですか?」

という質問をよく受けるのが、足のつけ根の痛みです。

下腹部に近いところなので、デリケートな部分ですし、
内臓からきているのではないか、と心配になりますよね。

一般的には、高齢者に股関節の変形性関節症が起こるため、
足のつけ根の痛み・股関節の痛みは、高齢者によくある症状、
というイメージを持たれている方も多いです。

ですが、実は、『20代、30代の方にも多い症状』です。

そして、腰痛や肩こりを同時に抱えていることがあります。
体のゆがみや、筋肉が原因であれば、症状を楽にできます。

マッサージや他の整体院・鍼灸院でよくならなかった方も、
たまに来院されています。

【 足のつけ根の痛み・股関節の痛みとは? 】

足の付け根縮小 - コピー

足のつけ根、ちょうどお尻の反対側あたりの痛みのことを言います。

足のつけ根が重だるい、皮膚がひっぱられる感覚のことも。

最初は、歩いている時や階段の上り下りに違和感を感じたり、
ある方向に股関節を動かした時に、ひっかかるような感じがあったりします。
足が上がりづらくなる場合もあります。

日常生活にたいして支障もなく、ささいなことなので忘れてしまって、
痛みが続くようになって来院されることがよくあります。

長時間座って仕事をされる方(事務、パソコン作業、運転など)、
かかとの高い靴(ハイヒールなど)をよく履く方、
妊娠中、また産後のお母さんなどに多い症状です。

【 足のつけ根の痛み・股関節の痛みの原因 】

骨盤の前傾~大腿骨の内旋縮小 - コピー

つけ根の筋肉が縮んだまま硬くなっていることが原因です。

つけ根が縮んで固まった状態とは、人によって程度の差はありますが、
骨盤が前に倒れて(前傾)、腰が反っている状態です。
言い方を変えれば、骨盤の前傾(ゆがみ)、反り腰が原因とも言えます。

長時間座りっぱなしで、つけ根が縮んで固まります。

かかとが高い靴を履くことで、前傾姿勢がくせになっていきます。

妊娠中のお母さんは、お腹の赤ちゃんが徐々に大きくなって、
お腹が重くなるので、骨盤が前傾せざるをえません。

妊娠前にデスクワークをしてた方など、妊娠前から骨盤の前傾があり、
妊娠で前傾が過剰になって痛みが出ることも多いです。

産後の方は、出産してお腹の赤ちゃんがいないにも関わらず、
前傾のくせが取れないまま、筋肉が固まった状態です。

【 足のつけ根の痛み・股関節の痛みの施術 】

まずは、お腹・腰から下半身にかけてをゆるめます。

筋肉名で言えば、腸腰筋、殿筋、大腿四頭筋、
大腿筋膜張筋、起立筋などが挙げられます。

症状が軽減することは大事ですが、原因(くせ)となっている
骨盤の位置を、ある程度戻すことが必要です。

骨盤が前傾すると、それに連動して、太ももの骨(大腿骨頭)が
おしりの少し下の横あたりに出てきます。

産後に体重が戻っても、ジーパンが入らない場合は、
骨盤の前傾が原因の可能性があります。

太ももの骨が内側に回って、O脚になりやすくなります。

上半身は、腰が過剰に反っているために、
お腹とお尻の筋肉がうまく使えず、
腰に負担がかかって腰痛の元になります。

体のバランスを維持しようとして、背中は過剰に丸まります。
つられて、首が前方に出ることもあります。

これによって、肩の筋肉がひっぱられ、肩こりがひどくなります。

姿勢が崩れることで、同じ筋肉ばかりに負担がかかります。

最終的には、痛みの原因の筋肉だけでなく、全体を整えて
ゆがみを解消し、予防していきます。

→産後のお母さんは、こちらのページをご覧ください。

 

【 足のつけ根の痛み・股関節・おしりの痛みが改善した患者さんの声 】

60代女性 主婦

M.Mさん(宮澤さん)臀部痛みH26年3月に、軽い腰痛の為、他院にてマッサージを
施術後、神経を圧迫され、その後歩行が困難になり、
右臀部の痛み、30分もすると足が張ってきて
日常生活も困難になりました。

整形外科では、湿布、痛み止め、ブロック注射で、
完治するかはわからないとの事。

四月から1か月ほど、整骨院にて施術を受けても、
あまり効果が見られず、そんな時こちらの広告を
目にしホームページで調べ、直したいの一心で
五月より週一回の施術を受け、九月頃には、
歩行が楽になり、臀部の痛みも取れてきました。

十一月頃には以前の自分以上に姿勢も良くなり、
今は普通の生活が送れることに感動して、
先生やスタッフの皆様に感謝しております。

直す!という事は、こう言う事だと思います。

 

※頂いた声は個人の感想で、効果を保証するものではありません。

 

「 お気軽にご連絡ください。 」

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ