TFCC損傷(手首小指側の痛み)

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

【 TFCC損傷とは 】

手首の小指側に痛みが出たときに病院に行くと、
「TFCC損傷」と診断を受けることがあります。

TFCCとは、三角繊維軟骨複合体のことです。

難しい言葉ですが、簡単に言えば、手を支えるために
集まっている4つの靭帯のことです。

「軟骨が痛んでいる。」、「靭帯が切れかかっている。」
と医師に言われることもあります。

テニスやゴルフ、バドミントン、ボルダリングなど、
スポーツをしている方に出やすい症状です。

近年では、パソコンや家事でも増えています。

また、「尺骨突き上げ症候群」による
TFCC損傷と言われることもあります。

 

【 TFCC損傷の病院での治療 】

湿布や痛み止め、サポーターなど
の処方と、手首の固定と安静を
すすめられることが多いようです。

強力な痛み止めやモルヒネを打てば、
一時的に痛みはなくなるかもしれません。

変わらなければ、手術を勧められることもあります。

安静にしていれば調子良くても、
運動や家事で再発し、何年も続くことがあります。

TFCC損傷は、放っておくと、無意識に手首を
かばったり、反対の手を使うようになることで、
両手とも痛みが出てしまうケースもあります。

尺骨突き上げ症候群の場合も、
同じ対応になります。

良くならなければ、
骨を切る手術を勧められます。

 

【 手術を考える前に・・・ 】

病院に通い、医師のいう通りの方法を
試したけれど、変わらない。

「手術をするしかないのか・・・。」

そうお考えの方は、試して頂きたいことがあります。

それは、『 筋肉・背骨 』のケアです。

そのつらい手首小指側の痛みは、本当に
三角繊維軟骨複合体の損傷が原因なのでしょうか?、

TFCC損傷というのは、西洋医学での痛みの
診立てに過ぎません。

もし原因が筋肉にあれば、手術をしても
痛みは変化しないかもしれません。

尺骨突き上げ症候群の場合も、

「老化によって尺骨が長くなっている。」

という説明を受けます。

しかし、痛みが出る前から、尺骨は
長かったかもしれません。

老化によって、一部分の骨だけが
伸びる、というのも不思議な話です。

 

よくなるかわからない手術をする前に、

高い手術費を払い、
体に負担をかけるなら、

別のアプローチを試してみませんか?

 

【 当院の考えと施術 】

あなたの手首小指側の痛みは、
筋肉にできる硬結が原因かもしれません。

腕にできた筋肉の硬結が、
手首に痛みを響かせます。

原因が、手首ではなくて、腕に
あるということです。

また、骨盤や背骨、肩甲骨がゆがみ、
固まった悪い姿勢で、腕を使うことも、
原因の一つになります。

腕だけではなく、全体のバランスを整え、
負担の少ない体の使い方を、しっかりと
身に付けることで、痛みは和らいでいきます。

 

【 再発予防のセルフケア 】

施術によって体を良い状態に
近づけても、生活習慣が悪ければ、
また体は元に戻ってしまいます。

ですので、当院では、自宅や
職場でできる簡単なストレッチ
などをお伝えしています。

セルフケアをすることで、
施術の効果は増し、痛みの
出にくい身体になります。

また、運動や家事などで使いすぎて
痛みが再発しても、自分自身で、
やわらげることができます。

当院には、北九州市や佐賀市、
熊本県など、遠方から来院される
方もいらっしゃいます。

今後も、一人でも多くの方の
お役に立てれば幸いです。

 

【 当院に来院される前に確認すること 】

来院していただく前に、
お願いしたいことがあります。

必ず、ネットなどの情報を見て、勝手に
自己判断せずに、病院(整形外科)で
診察を受けてください。

そして、以下の質問を医師に尋ねましょう。

①手首はどういう状況なのか?

②どういう治療を受ければ、改善するのか?
 どれくらいの期間かかるのか?

③手術は必要か?
 手術が必要な場合、何パーセントの確率
 で良くなるのか?後遺症は残るのか?

しっかりと病院からのアドバイスを受けて、
ご検討されてください。

 

【 整体を受けることで… 】

肩こり、腰痛などもですが、体の不調は、
日常生活の負担の積み重ねが原因です。

手首の痛みも、1回で完全に痛みが
なくなりませんし、もしなくなったと
しても、再発する可能性が高いです。

6回~10回の間によい変化が出てきます。

初めて症状が出た方、症状の軽い方は、
施術1回目に、痛みの軽減や、可動域
が回復することはよくあります。

今まで、手首のケアをしてこなかった方は、
この機会にぜひ、お身体を整えて、
定期的にケアしていきましょう。

趣味、運動、お仕事を思い切りできるように
2人3脚でがんばりましょう。

 

【 TFCC損傷(手首小指側の痛み)だった患者さんのご感想 】

 Aさん 30代男性 会社員

18076497_1179212538872098_7578848691050537579_o1CCF20170603①どのようなお悩み・お身体の状態でしたか?

 趣味のスポーツで手首を痛め、病院に行った
ところ、TFCC損傷の診断を受けました。

安静にしておりましたが、なかなか
手首の痛みが引きませんでした。

 

②どのような整体でしたか?
 説明・アドバイス等は、どうでしたか?

 腕のトリガーポイントを一定の強さでおさえたり、
体をゆすったりされました。

自宅でストレッチや入浴を気をつけた方が
回復が早まるとのアドバイスを頂きました。

 

③整体を受けて、お体やお気持ちはどうなりましたか?
 生活はどのように変わりましたか?

 手首の痛みが徐々にやわらいできたため、
ストレスなくスポーツに打ち込むことが
できるようになりました。

 

④整体を受けようか悩んでいる方に一言お願いします。

 病院では、基本安静にするよう指示を受ける
ことが多いと思いますが、回復が思うように
いかない時など、選択肢の一つとして考えてみて
もいいのではないかと思います。

 (※頂いた声は個人の感想で、効果を保証するものではありません。)

 

E.Sさん 20代男性 アルバイト

TFCC江藤さん自転車で事故をして以来、手首の痛みが若干あり、
半年後くらいに大きな痛みを発症し、まず病院に行きましたが、
2週間ほど経っても、日常生活に支障をきたすレベルの痛み
でしたので、こちらの整体院を訪れました。

通院して一週間ほどで日常生活が送れるようになり、一か月
ほどで普通の人と同じくらいの生活が送れるようになりました。

病院の時と、診断結果や治療法が違っていましたが、
こちらにきて正解でした。

本当にありがとうございました。

 (※頂いた声は個人の感想で、効果を保証するものではありません。)

 

 Aさん 30代男性 会社員

TFCC Aさん趣味のスポーツで手首を痛めたため、
病院でTFCC損傷の疑いありとの診断を受けて
安静にしていましたが、なかなか痛みが引かず
先生の施術を受けました。

一、二回の施術ではあまり変化がありません
でしたが、ご指示のあったストレッチや入浴も
同時にこなしておりました。

しかし、一か月過ぎたあたりから、次第に痛みが
軽減してきて、今では日常生活においては
問題なく動かせるようになりました。

また、スポーツでは一進一退ではありますが、
こなせるくらい回復しつつあります。

 (※頂いた声は個人の感想で、効果を保証するものではありません。)

 

「 お気軽にご連絡ください。 」

電話でのご予約は

top-rsv-tel

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ